治療費を一括で支払えない時

厳しい審査が行われる

自分の収入がない人

パートやアルバイト、非正規雇用の人は収入が少ない、または安定していないのでデンタルローンを組めないことが多いです。
ただ治療費の金額によっては、審査を通過できる可能性があります。
専業主婦だと、自分の収入が全くない人がいるでしょう。
その場合は残念ですが、審査の通過は難しそうです。

なぜここまでデンタルローンの審査が厳しいのかというと、銀行や信販会社が審査を行っているからです。
そのためきちんと支払いができる人なのか判断され、少しでも見込みがないと思われたら審査を通過できません。
1回審査に落ちると、審査に落ちたという記録が残ります。
審査落ちしたあとの6か月は、どのローンでも借り入れができないので慎重に申し込みましょう。

過去にトラブルがあった人

安定した収入があっても、デンタルローンの審査を通過できない人がいます。
例えば過去にローンを組んで、返済が滞ったなどのトラブルが起こった人です。
返済できなかった履歴があるとデンタルローンを組んでも、同じような結果になるのではないかと疑われるので、審査を落とされてしまいます。
過去に家賃や電気代、ガス代などを滞納したことがある人も審査がより厳しくなります。

そして現在、デンタルローンの他にローンを使っている最中である人も使えないと覚えておきましょう。
このように、デンタルローンの審査を通過できない人は意外と多いです。
現在のことだけでなく過去も判断されるので、自分が審査を通過できるのかよく考えてから申し込むと良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る